TOPへ戻る

ゼルビス、サスペンション交換記

交換方法
左右に2本型のサスペンションなのでいたって簡単です。カウルがついてる分面倒だがw
0.センタースタンドを立てます。
1.カウルに締め付けてある12mmのボルトをラチェットレンチ等で緩めます。
2.サイドカバーをM6の六角レンチで緩めます。
3.スイングアームに車のジャッキをあてて少し持ち上げる程度にしておきます。
 要はサスペンションをはずしても大丈夫なように。
4.サスペンションの上側をはずします。左右共です。このとき、ジャッキを上下させて一番ゆるいところを探してはずします。
5.14mmのボルトをメガネレンチ等で緩めます。このとき、右側のボルトがマフラーと干渉しないようにジャッキを下げます。
6.ボルトがはずれたらウネウネさせて、ショックをはずします。

後は逆手順でつけるだけです。
7.ショックを下側にはめて14mmのボルトを締める。
8.ジャッキを持ち上げつつ穴にはめこんでいく。はめこめにくいときは適当に油をぬっておきましょう。
9.後ははずしたボルトを締め付けるだけ。



以下は私がゼルビスに試してみたショックです。
がんばりましたw
ちなみに私の体重は53kほどです。体重によって感じ方が結構変わりますので参考程度に。



オーリンズ風リアショック
リアサスを変える人が多く、変えたらどういうふうにかわるのかなぁと気になってこれならつくぞという情報があったのでつけてみました。
NICE TECH製のものです。
オークションでオーリンズ風と検索すればでてくる安いショックですw
アジアンサスとも言われてるみたいです。
取り付け方法ですが、
上下はそのままでタンクの向きは前向きでつきます。
いや、つけましたw
ブレーキタンクのホースを少しカットし短くすることでタンクを下に方にずらし、ブレーキタンクとサスのタンクが接触しないようにしました。
純正に比べれば巻き数が多く、乗り心地としては硬い感じです。
ですが、純正にくらべてふわふわとした感じが無く安定します。でも硬い分、跳ねます。
いいような悪いようななんともいえないサスです。
でも見た目はよかったですw
確実に言える悪い点は、ショックが思いっきり沈み込んだときにチェーンカバーと干渉してしまうことです。

半年ほどつけてましたが、純正の方が跳ねない分、走りやすいなぁと思い純正に戻しました。
乗り心地:純正より固め やや跳ねる
★★★★☆
戦闘力:人によって変わりそうだが純正と変わらないかも。(フワフワ感はなくなります)
★★★☆☆
単価:12000円
取り付け方法:ブレーキのリザーバタンク移動により取り付け可能。


CB400SFリアショック流用
できるようでできない。でもできる。
マフラー側は上下取り付け方向はそのままでタンクの向きもそのままでサイドバーだけはずせばいけそうですが、
反対側はチェーンと干渉するため、上下を逆にすればとりつけることが可能です。
でも左右取り付け方法が違うのであまり好きになれませんでした。
つけた瞬間にはずしました。
つけた方がおられますが、乗った感触としては2割り増しの硬さで、サスのおさまりが良いみたいです。
乗り心地:純正より2割り増し

戦闘力:フワフワがなくなり走りやすいらしい。

中古価格:15000円

取り付け方法:要加工・要工夫




XJR400Rリアショック流用
オーリンズと書かれたショックで「うぉ!」と思いますが、社外に比べて性能は劣るそうです。
ヤマハのオーリンズということでヤマリンズとも言われてます。
このショックはスプリングの径がありすぎるのでマフラーにもあたるしチェーンにもあたります。
上下逆付けとなります。タンクの向きは後ろです。
付くにはついたんですが、サスの頭にでっぱりがあり、走ってる途中にそこがごりごりと削れないかな?
と心配になりつけた瞬間に外しましたw
高速コーナーはいい感じらしいですw
乗り心地:純正より硬いと思われる。

戦闘力:高速コーナーが得意

中古価格:20000円

取り付け方法:要加工・要工夫




GAZI
こいつは以前につけてた、オーリンズ風のショックの形状にとても似ている。
これはつく!
値段はオーリンズ風の約2倍。減衰調整もできる。
これは、いいかもしれないと期待。
そして、ものが届き、つけてみた。
簡単についた。
ただ、車高調整のボルトがでかいので、モンキー2ついりますw

インプレッション。
試しに70kくらい走ってみました。
これはすごい!
地面の凹凸情報が体に細かく来る。
俺の胃の中の食べ物のギアがバックに入りそうになるw
減衰調整で乗り心地をよくしようと思ったんですが、12段階ある割にはあまり変化しませんw
でも、これ80km/h以上での高速走行では結構乗り心地いいです。ショックのおさまりもかなり速いです。
低速での乗り心地を気にしなければ、かなりいいショックなのかもしれない。
上級者向け、健康人向け。胃の弱い人は駄目ですw
家に帰って気になったところがあるので確認。
タンクがもろチェーンカバーに干渉してました。
硬いけど、ショックが動いてるという証ですなぁ。
干渉するというのと、硬いというのもあって外しましたw
乗り心地:硬い。けど、細かい振動が体に伝わる。乗り心地悪い。
★★☆☆☆
戦闘力:ちょっとしたでこぼこを拾い設置感はかなりある。大きな段差は跳ねる。
★★★★☆
単価:25000円
取り付け方法:ブレーキのリザーバタンク移動により取り付け可能。




カヤバ KGS325 SR400/500用
要はショックにタンクがなければ簡単につけられるんだ。と思う。

ボーナスでたし、奮発してアルミ製のカヤバショックを購入。
減衰調整4段階。
プリロード無段階。
最高じゃないですか。
よしつけてみよう!
つけられなかったーーー!w
ショックをつける下側あたりが干渉する。しかもブッシュがはみですぎて幅が22mmになっとる。
乗り心地:多分、純正並。
★★★★★
戦闘力:うまく吸収しうまく地面を蹴る蹴る。細かいセッティングもできる。
★★★★☆
単価:45000円
取り付け方法:要加工(ショック削ってブッシュも削ればつくかと。)




リベンジ
カヤバ TGS325 SR400/500用
KがTになっただけです。
T型に比べて何が違うかというと
プリロードが5段階になります。
素材が鉄になります。
あと形状が、純正と同じです。
間違いなく付く。はず。
と思い、思い切って購入。
この地点でサスを高く買って安く売ったりしてるので、2万ぐらい損してます。勉強代として考えてますw
ものが届き、ブッシュが14mm仕様なのでカラーを外します。
はい、はずれませんw
カラーとブッシュがくっついてるようでカラーだけ外すというのはできないみたいです。
なら、純正ショックのブッシュを使うか。
と、純正のブッシュをはずして取り付けたところ、ぶかぶか。
2mmの差。
これはでかい。
でも、なんとかつけたいと思い、たまたまヤフオクででてたブッシュを買った。
それでも1mmの差でぶかぶか。
しかたなくビニールテープを巻きつけぶかぶかにならないようにしました。大丈夫かなぁ?大丈夫だろう。きっと。
そして装着してみる。
難なくとりつけることができたw
だが、大きな問題がある。
純正のショックは335mmなのにカヤバショックは325mmだ。
ということはサイドスタンドがつかえなーーーーい。ということ。
しかし、そのあたりはもう計算済みなので、ヤフオクでサイドスタンドを買って、加工済み。
加工方法はスパッとしたから13mmほど切って、3mm厚のL型ステーをボルトで固定って感じ。
サイドスタンドは苦労しつつも取替えに成功。
そして、センタースタンドをはずし、サイドスタンドを立ててみる。
成功ですw
後ろ10mm下げたことにより、バイクのバランスがおかしくなると思い、フロントフォークの突き出し量を10mm出しました。

乗った感じですが、取り付けてすぐに走ってみたらゴツゴツして乗り心地が悪かったですが、乗ってるうちにショックが馴染んできたのかいい感じの乗り心地になりました。
純正では無駄に跳ねていた場所では、スッと吸収してくれます。
いい感じです。
コーナリングはどうかというと、純正ではオーバーステアだったのに対し、ドアンダーって感じです。
今までがオーバーステアすぎるだけにドアンダーって感じるだけかもしれません。
でも、小回りとか非常にやりやすくなりました。
10mmも下がったで足つき性も最高です。
乗り心地:多分、純正並。もしかしたらそれよりいいかもしれない。
★★★★★
戦闘力:うまく吸収しうまく地面を蹴る蹴る。細かいセッティングもできる。
★★★★☆純正よりいいっす。
単価:27000円
取り付け方法:内径16mmのブッシュを用意し、そのブッシュにビニールテープ3回ほど巻く。それを上側のブッシュと交換する。あとはポン付け。

XELVISパーツ検索!



ゼルビスならツーリング!
楽天なら簡単に旅館を予約できます!
           ↓↓↓
   




















TOPへ戻る