JSIG杯 概要

〜一つ上の男は黒に染まれ〜

EN1_JSIG.JPG - 122,047BYTES
名も無きカメラード氏より頂いた応援イラストです。

◆開催日 プレ:8/5(日)(終了) 本杯:9/16(日) 新世界掌握戦全日程終了後
◆開始時間 新世界掌握戦ランキングバトル終了後
◆参加費 50円(必要ない場合が有り)
◆会場 KO-HATSU
◆形式 J軍、SIG軍に分かれて勝ち抜きチーム戦を行います。

◆レギュレーション
・全キャラ使用可、大会中のキャラ変更不可。
・J・SIGの両名は大将で固定、その代わりキャラランダム→メインキャラの2ライフ制。
・先鋒のみ申告、それ以降は大将(J・SIG)による指名で次のプレイヤーを選択。
・出番の時に筐体にお金を入れてもらう「インカム形式の紅白戦」となります。
・連勝制限無し。ダブルKO時は再戦。
・大会開始前にJ・SIG両名にジャンケンしてもらって1P・2Pを選択してもらいます。
・試合設定は2本選手、その他工場出荷設定。
・機械の不都合により対戦が中断した場合は、速やかにスタッフにお申し出ください。
 その際、中断前の勝敗数は有効となります。ゲージの再現は両者MAXからのスタート ※ラウンド未先取の場合は再戦となります

◆概要
ヴァンパイアセイヴァーのえごふご杯のような大会です。
関西ではおなじみのJ、古来からの鼎使いのSIG。古くから関西エヌアインを牽引して来た両名の協力によるお祭り企画です。
J軍、SIG軍どちらに入るかは参加者の完全自由制!
人数調整、キャラバランス考慮、一切行いません!
遠征勢、上級者、初級者、他ゲー勢、冷やかし、未プレイ者、煽り勢、一切問いません!
J、SIG両名と面識がなくても全然OK!
J軍、SIG軍、好きなほうに入って当日大将と共に闘いましょう!

◆J・SIG両名紹介(独断と偏見マシマシ)
#J (2012/06/25 本人から指摘を受け、メインキャラに関して記述を修正しました)
関西のエヌアイン使いと言えばこの人! 「ああ、残念」と言う一言と共に2Bで屍の山を築き上げている!
相手の弱点を突き、それを徹底するという戦法を生かし、関西で猛威を振るっている。
朝五時まで生放送をし、その後仕事に向かい仕事中に眠ってしまうという伝説がある。
また、興味を持った格闘ゲームはとりあえずやりこむ傾向にある模様。
過去に「KOF12」の大会で優勝し、「スペクトラルvsジェネレーション」では稼働日に40連勝超を叩き出し即日に過疎らせた経歴も有る。
フリーの格闘ゲーム「東東不死伝説」ではほぼ全キャラの即死コンボを発見する、スーパーファミコンの「押忍! 空手部」ではガードキャンセルから永久を見つけるなど研究熱心な姿勢も見られる。
その他、RPGなどもある程度はプレイしているようで、そこそこニッチなネタにも答えられる。
知っている人には「黄金夢想曲全一」だとか「ランブルフィッシュ2のJ」といえば伝わるだろうか。
・大会功績
電光外伝2 最高段位六段取得
第六次電光大戦 neo amusementspace a-cho代表、当日本戦ベスト8

#SIG
ご存知関西の紺色鼎! 何人ものプレイヤーが彼の四方投げの餌食になっている!
リターンを求めつつも、リスク管理を絶妙にこなすそのプレイスタイルは中途半端な攻めや守りを許すことはない。
こちらはまともな人間が起きている時間帯にダークソウルなど家庭用ゲームの生放送を行うことが多い。
反面、ゲスト参戦が起きることは少ないようだ。
他格闘ゲームにも積極的に興味を示して参戦している。
現在は「KOF98」にて、上位プレイヤーを打倒する事を目標とし毎日二時間の感謝のトレーニングモードに励んでいる。
また、ゲームのジャンルにとらわれず様々なゲームをプレイすることに定評がある。
特に音楽ゲームに関しては「BeatManiaIIDX」「Drum Mania」「Sound Voltex」などでは最高難易度に挑戦するなど向上心を見せるほどの腕前を持つ。
Jと同じく「ランブルフィッシュ2」ではカヤ使いとして有名だったようだ。
あと、猛烈なTony信者である。あと、巨乳が好きらしい。
・大会功績
第一回帝都大戦 優勝(チーム名:SIGパンツ大王)
第二回帝都大戦 ベスト4(チーム名:SIGパンツ大王 おかわりっ!)
第五次電光大戦 KO-HATSU代表(1位通過)、当日本戦ベスト8、2on2部門2位(チーム名:巨乳と貧乳)
第六次電光大戦 セガ難波アビオン代表、当日本戦ベスト8、3on3部門優勝(チーム名:SIGパンツ大王 三鼎)

◆結果
プレ、本杯全て→こちら