湊地区歴史まっぷとインターネット


 このスライドはW3Cが提供している 「HTML Slidy」 を使用しています。
※ 「→」キーまたは「マウスの左ボタン」をクリックすると次画面に進みます。  (「←」キーをクリックすると前画面に戻ります。)

HTML Slidy
W3Cが公開しているweb上のスライドシステムで、提供されたスタイルシートとJavascriptを、 利用者が用意した原稿HTMLファイルに適用することで、 スライドを作成
教材スライドをHTML Slidyで作る http://lepo.info/kyoshizaki/blog/?p=795
W3C(ダブリュースリーシー)
World Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)は、 World Wide Webで使用される各種技術の標準化を推進する為に設立された標準化団体、非営利団体。 略称はW3C(ダブリュースリーシー)。
ウィキペデァ フリー百科事典 http://ja.wikipedia.org/wiki/World_Wide_Web_Consortium

 えぇ~っと…きっかけは

  • それは平成22年の初夏(6月),
  • 公民館50周年ということで,
  • 湊地区に関する史跡を紹介する
  • 印刷物を作成するという企画あり,
  • お手伝いすることに…
初会合

 印刷だけでは『もったいない』

  • 印刷マップの配布
    • 地区内全世帯に配布
    • 史跡や散歩コース等具体的なものによる 地域への興味の動機付け


  • 利用と保管
    • 興味は長続きしない
    • いつしか散逸,紛失
  • 余分の部数が無くなれば
    • 増刷はできない


 何故インターネットか?

  • インターネットの普及
    • 何時でも
    • 誰でも
    • 何処ででも
  • 情報の共有
  • 経費が掛らない
      印刷物は時間と経費が必要
  • 修正,追加等が可能
  • 多様な表現
  • 例えば
電子ブック 電子ブック

 印刷マップとWebまっぷ
    どのように見せるか?

  • 画面 : 印刷マップはA3版

  • 説明 : 史跡の説明をどうするか

  • 写真 : 小さくて見えない

  • 詳細説明 : もっと詳しい説明を

 印刷マップとWebまっぷ
    画面の大きさ

     初期画面

  • マップが画面に入りきらない
    • 画面に窓をつくり,マップの一部を表示
    • マウスのドラッグでマップ自体を移動  にぎにぎマーク

初期画面 移動画面

 印刷マップとWebまっぷ
    説明の表示 1

 印刷マップとWebまっぷ
    説明の表示 2

  • クリッカブルマップとポップアップ

  • 地図が表示された画面を隠さないで
    写真と説明を表示させる。
初期画面 ポップアップ画面

 印刷マップとWebまっぷ
    説明の表示 3

  • 詳細説明   折りたたみ
  • 「湊地区歴史まっぷ」では,史跡の数と紙面の制限から簡単な説明にせざるを得ませんでした。 でも,Web ではスペース的な制限を越えることができます。
初期画面 ポップアップ画面 折り畳み説明画面

 印刷マップとWebまっぷ
    説明の表示 5

  • 詳細説明   複数写真と拡大表示
  • 一つの写真だけでなく,複数の写真を見せたい場合があります。
    また,スクロールをしないで拡大写真を見たいかも知れません。
初期画面 ポップアップ画面 画面 画面 画面 画面

 印刷マップとWebまっぷ
    説明の表示 6

  • Google マップ ストリートビューへのリンク
  • 史跡の写真だけでは,近辺の状況まではなかなか推測できません。
    現在の周辺の状況をわかるようにするため,ストリートビューへのリンクを追加しました。
初期画面 ポップアップ画面 画面 画面 画面 画面 画面 画面 画面

これから

  • 各地区公民館の歴史マップのリンク
    • 各地区でも「歴史マップ」が作られたら
    • くっつけたら「超詳細福井歴史マップ」に
        ひょっともしたら『本』にして…
    • 地区の歴史マップは地区でしか作れない
        埋もれた歴史を掘り起こす
  • 例えば
社北まちづくりうらが町めぐりマップ
社北公民館    
  • 今できること, 今しかできないこと
  • 過去が歴史ではなく,現在が歴史になる
    • 埋もれている写真の発掘
    • 定点写真
    • 所蔵資料のデータベース
  • 情報とノウハウの共有化   
    • 地域学習の連携
    • 展示の連携

ありがとうございました