通票携帯標について本文で触れなかった点について少し。

通票携帯標
通票携帯標こぼれ話
 国鉄(JR)型の通票携帯標は、トークン不使用路線から使用路線に進入する際、 注意を喚起するため出発(場内)信号機に設置するものである。
 となれば当然、全線にトークンが使われ、タブレットあるいはスタフのトークンを持たなければ発車出来ない 由利高原鉄道では、これは不要のはずである。
 ところが、タブレット区間進出の出発信号機、つまり前郷駅・矢島駅の出発信号機に設置しているのである。 従って前郷の羽後本荘方出発信号機には何も表示されていない。
 そのことから、通票携帯標でありながら実質的には「旧通票(タブレットのこと)携帯標」の役割を果たしているものと思われる。まさに文字通り? ちなみにこのような場合は、通票類の種別形状で区別するのが通常。
 なお、スタフはキャリアが小型化されているので判別し易い。

前郷駅