‘Geolocation’ タグのついている投稿

Chrome 50 と Geolocation

 つぶやき
 公開日:2016年5月3日 / 更新日:2016年5月4日

 かつて、
現在位置取得してGoogleMap表示
とか言うのを作ったりしたのですが、
ブラウザの Chrome 50 以降では動作しなくなってます。
昔のUIが好みだったので、
Google Maps の API を使って作ったのですが・・・。

 こちらに書いてある通り、
HTTPSのようなsecureな環境でないと
GeolocationなAPIが使えなくなってしまいました。

 デバイスの位置情報は個人情報なことにもなりうるので、
secureな環境でないと扱えないようにしたようですね。
まぁ、やむをえないか。

 このブログはこちらの無料ホスティングサービスを使用していますが、
残念ながらHTTPSが使えないようです。
そんなわけでChromeでは動作しません。
(代用手段を導入してみました)

 ただ、
Firefoxでは確認ダイアログで許可すれば動作するようです。

Google Maps API 3.22

 プログラム
 公開日:2015年9月17日 / 更新日:2016年2月16日

 4年以上も前に作った「現在位置取得してGoogleMap表示」。
Geolocation の学習のために Google Maps API を使ってやりました。
当時の本家GoogleマップのUIの使い勝手を
個人的に気に入っていたので、
似たようなレイアウトになるように作ったのを覚えています。

 2014年3月頃に本家GoogleマップのUIは大きく変わりましたが、
APIを使って作った方は大きな変化はなかったように思います。
新しくなった本家のUIは嫌いじゃないですが、
以前の使い勝手の方が好きなので、
むしろ自作の方を多用していたりしました。

 ところが最近見た目が変わっていることに気づきました。
どうやらAPIのバージョンが3.22になった影響のようです。
UIコントロールの配置をカスタマイズして
調整しようかとも思いましたが、
個人的にどうもシックリ来ない感じなので(^_^;)
APIのバージョンを3.21に固定して
以前のような見た目と使い勝手にするようにしました。
APIのバージョンを指定するにはこちらのようにやります。

 ちなみに、私が作ったやつはこちらです。

★2015年9月18日追記。
v3.21とv3.22とで見栄えがどう変わったのかはここに出ています。

★2016年2月16日追記。
旧UIになるようにバージョン指定してるのに
何故か新しい方のになってしまっている?
こちらに書かれているように
google.maps.controlStyle = 'azteca'
とやったら旧UIになってくれました(^_^;)

HTML5 Geolocation

 プログラム,
 公開日:2011年5月17日 / 更新日:2014年12月21日

★2014年12月21日追記。
住所表示がおかしくなっていたようです(いつのまに?)
直してみました。

Gearsで位置情報取得して地図表示
というのをついこのあいだやってみたばかりですが、
Gearsは将来廃止されるようですし、
ここここを見て、
HTML5 Geolocation でやってみました。
(HTML5ではいろんな機能が使えるようになるみたいですね)

ただ、
Webブラウザによって対応状況が変わるようなので、
HTML5 Geolocation ⇒ Gears Geolocation ⇒ GeoIP
の順に試行するように作ってみました。

メジャーなブラウザでの動作は一応確認しているつもりですが、
今のところChromeで参照するのが動作的に軽いと思われます。

こちらです。

なお、
画面の上の方の情報バーやポップアップ等で、
位置情報(トラッキング情報)の取得許可の
確認が要求されるので注意してください。
確認は初回だけだと思われます。

Gears Geolocation

 プログラム
 公開日:2011年5月16日 / 更新日:2011年8月17日

以前、
IPアドレス→位置情報取得→Googleマップ表示
というのをこのAPIを使ってやってみたのですが、
てんで違う場所だったりで結果はイマイチでした。
結局の所、
プロバイダが登録している位置情報に拠ることになってしまうんだと思われます。

一方、
Googleの検索などで例えば「セブンイレブン」とか入れると、
近所のセブンイレブンの場所を地図とかで表示してくれたりします。
つまりIPアドレスやホスト情報から、
ある程度の確度の位置情報を取得することは可能なようです。

先日、
Googleによる Geolocation API というのを見つけたので使ってみました。
まだベータ版っぽいようなのですが、わりといい感じな結果になりました。
試してみたい方はGoogleのGearsをインストールした上で、
(※ブラウザがChromeの場合は既にインストール済みになっているっぽい)
こちらにアクセスしてください。
ただしFireFox4とかはGearsをまだサポートしていないようです。
なお、初回は位置情報の取得について許可を求めて来ますので、
よろしければ許可にチェックをいれてください。

※5月17日追記
Gearsは将来廃止されるようです。
同等の機能がHTML5で標準装備されるみたいです。
知人の方に教えていただきました。
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/03/23/012/index.html
ということで、
HTML5 Geolocationでもやってみました。