Google Maps API Key

 プログラム
 公開日:2016年7月3日

 Google Maps API を使った拙作のアプリにおいて、
ここ最近なんか警告が出てるっぽい・・・。

 RetiredVersion が出るのは理解できます。
以前のGUIが好みなので、
古いバージョンを使うように意図的に指定しているからです(^_^;)
しかし、NoApiKeys が腑に落ちない。
確かAPIキーは不要だったはず・・・。

 と思ったのですが、調べてみたら
最近になってAPIキーが必須になった模様・・・。

 ということで、
こちらを参考にキーを取得してみました。
HTMLのソースを見ればキーはバレバレなので、
特定のURLにおいてのみ使えるように、
必ずリファラは設定するようにします。
例えば example.com/map.html で公開しているなら、
example.com/* とか設定します。
リファラは複数個を設定できるので、
localhost でテストするようなら、
localhost/*あるいは 127.0.0.1/* とか追加しておくと便利かも?
勝手にキーを借用されてもローカルならたぶん問題ないと思う(^_^;)
気になるようなら一時的に追加して後で削除すれば良いだろうし。

 なお、
設定を更新しても反映されるまで5分くらい掛かるらしいので、
少し待ってから確認の作業をした方が良さそうです。
急いでやると「アレッ?」って感じになりますので(^_^;)

コメント投稿